桜降る代に決闘を(ふるよに)のメガミ使用率のトレンドリストです。
tierリストTOP



トレンドリストとは?
トレンドリストは『環境でよく使われるメガミ』を用途毎に分けたリストです。
(当ブログでは判りやすくする為に順位で表しています。)
使用率・勝率で順位を決めており、筆者の独自調査によって算出した物です。
情報は主にTwitter、ブログなどのネット媒体です。報告の上がっていない物に関しては計算していませんのでご了承ください。

■高使用率メガミ
高使用率メガミ19_9_3
2位と2倍近くの使用率で、ユリナA(古刀)が堂々の使用率1位!
『不完全裏波嵐』『月影落』を筆頭に優秀な切り札と、逆境に強い『乱打』不完全裏波嵐を強化出来る『柄打ち』と通常札までもが強力。単体で強いメガミなので相方は何を取っても安定。
特に相方に多かったのがサリヤ(乗)。間合い操作が得意なので相手の苦手距離まで一時離脱したり、ライフを取りやすい通常札や妨害もお手の物。切り札にも打ち消しや適切なメタを貼れる『Julia's BlackBox』などもあって隙がない。
どの組み合わせでも勝率も非常に高い事から、ユリナA(古刀)環境はしばらく続きそうですね。

2位のトコヨ(扇)もかなりの高勝率を叩き出しています。上記ユリナA(古刀)の『乱打』以外のカードに対応出来る『雅打ち』『久遠ノ花』『詩舞』の防御性能が高く、他の中距離メガミで攻撃力を補えば正に弱点なし。これからも使用率が伸びそうな一柱かと思われます。

3位ユリナ(刀)4位ヤツハ(鏡)は上位との組み合わせが多かったですが、5位ウツロ(鎌)はヒミカ(銃)との組み合わせが非常に多く使用されていたので注目の一柱ですね。